印鑑を保管するコツ

イメージ画像

皆さんは印鑑をどこに保管しているでしょうか。
「実印」と「銀行印」と「認印」、そして登記簿や通帳などは必ず別々の場所に保管するのは基本中の基本です。 万一、盗難などの被害にあったときには、そのリスクは計り知れません。
財産をいっぺんに失う怖れがあります。

一方、印鑑の保管方法についても注意が必要です。
と言うのも、印鑑は印材によって経年劣化を起こしたり、変質したりする物もあるためです。
印鑑を長持ちさせるコツをご説明します。

まず、印鑑を使用後は、なるべくこまめに朱肉を拭き取る必要があります。
たまに植物性のオイル(サラダ油)などでぬぐうとより効果的。
これは、朱肉に植物性の油分が含まれているため。
捺印後、印面を放置すると、朱肉が固まってしまいます。
また、特に柘植などの木材を印材として使用していると、
植物油によって印面が変質し、柔らかくなってしまうことも。
朱肉によって印面が目詰まりしてしまったときには、
薄めた洗剤などをつけた歯ブラシで優しく汚れを落とします。

印鑑は必ずケースに入れ、高温や低音になりすぎない場所に保管します。
牛角や黒水牛などの印材は、毛が変化したものなので、繊維に虫がつくことがあります。
防虫剤などと一緒に保存するのがオススメ。
天然素材のため、太陽光などに長時間あててしまうと、乾燥が進みヒビが入ることがあり、
特に黒水牛は冬場の乾燥に特に弱いため、オリーブオイルなどを使って磨くのがベターです。

〔関連商品のご紹介〕
印鑑ケースには、オーソドックスな朱肉付きケースや、牛もみケース等がありますが、
がま口型のかわいい印鑑ケースがあるのをご存知でしょうか?
がま口のしっかりとした開閉で、印鑑が落ちる心配もなく、安心して持ち運びができます!
⇒がま口印鑑ケースをお求めの方はこちら

このページの先頭へ