上手に捺印するコツ

イメージ画像

判を押すときに、ちょっと緊張するという人もいるかもしれませんね。
その契約書が大切なものだから、というだけではなく、けっこう多いのです、
判をきれいに押すのが苦手と言う人が。
中には、印影がつい上下さかさまになってしまう人がいます。
あわてん坊の典型かもしれません。

捺印前に印面を見たり、上下を示すために判子に彫ってある溝や、
マークなどを確かめないで、ポンと印を押してしまう人です。
押してしまってから上下さかさまになっていて、「あちゃ~」と頭をかくことになります。
印影がずれたり二重になったりする場合は、
判を押してから離すまでに印面を動かしてしまうクセがある人です。
印影が薄かったり、欠けてしまう人は、印面を紙に押し当てている時間が短かったり、
押す力が弱いため。

上手に捺印する方法をご説明しましょう。
しっかりに押そうと朱肉をたっぷりつけてしまう人がいますが、これは間違い。
多すぎず、少なすぎず、ポンポンと軽く朱肉をつけるのがきれいに捺印するコツです。

そして、実際に印を押すときには、紙に印面をつけてから、
ひらがなの""の""の字をイメージするように力を入れて押します。
紙の下にクッションとなるようなものを敷くとなおグッド。
捺印用のマットがオススメです。

また、押したあとには、印影はしばらく乾かしておくようにしましょう。
朱肉は油分を含んでいるので、油絵の具のようにすぐには乾きません。
捺印直後には、印影をこすったり、さわったりしないように注意してください。

〔はんこのWEB通販ならココ!〕
一生ものの印鑑をお求めなら【ハンコヤドットコム】がおすすめ。
熟練の職人が丁寧に彫り上げた印鑑を、お求めやすい価格でご提供しております!
個人印鑑のお得なキャンペーンも随時実施中!

このページの先頭へ